みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

BlogPaint
本日のディナー?は粋恭(すいきょう)に訪問。前回博多に来た時には食べられなかったので、今回は開店前に並ぶことにした。INさんと現地集合で待ち合わせしての訪問である。

30分ほど前に並ぶ。海外からの観光客が多いが、特に韓国からだろうか?そう言えば船が出ていたような気がする。

17時の開店時間に合わせてオープン。店内へ入り、無事に席を確保。ちなみに予約は3名からで、その場合、どうやら二階の席になるようだ。一階はカウンター席のみ。厨房や焼き台をグルリと取り囲んでおり、なかなかライブ感があって良い。

席に着くと、ドリンクと鳥皮の本数を確認される。角ハイボール、そして鳥皮は10本注文する。

IMG_3982
【角ハイボール:500円】
まずは定番のハイボールで乾杯!ブラックニッカと角があるけど、角を注文!

IMG_3972
厨房を見ると、鳥皮を一斉に焼き始めた。予め仕込んであるけど、まさに圧巻!

IMG_3976
名物の「とりかわ」を筆頭に串のメニューがラインナップ。もちろん、とりかわは食べるとして他のメニューも選んでみよう。

IMG_3993
【酢モツ:300円】
まずはクイックメニューの酢モツ。博多の居酒屋さんでは置いてあるところが多い。下味がついているのでそのままでオッケー。お店によっては自分でアレンジする場合もある。博多では柚子胡椒が置いてあるお店が多いのもありがたい。

IMG_3995
【とりかわ:150円】
念願の名物である「とりかわ」が登場。こんがりと焼き上げられており、早速食べてみると、見た目通り、よく焼かれており、外は香ばしく、中はプリッとした食感。

以前、他の店で食べたのはあまり焼かれていないタイプだったけど、こちらの方が美味い!ちなみに本数制限があるようなのでご注意を。

IMG_4015
【軟骨入りつくね:150円】
とりかわに続いて、軟骨入りつくね。これもなかなか良い感じの味わい。

IMG_4018
さらにハイボールをおかわり!

IMG_4024
【笹身しぎ焼き:220円】
名前につられて注文したのは笹身しぎ焼き。こちらは笹身を炙ったもの。よく焼きか軽く焼くか選べるけど、軽めでお願いする。わさびソースと一緒に食べるのだが、ささみの炙り焼きといったところか。名前的には初めて食べるけど、よく食べる親しんだ味わいのようでもある。

博多には焼鳥のお店が多い。その中でも特徴的なのは皮焼きだろう。最近都内に進出しているのお店もあるようだけど、やはり本場の味はどうなのかという点を踏まえて食べ比べてみると面白いかもしれない。

IMG_4033
そして、最後は鳥スープでしめる。

お会計は2人で5,119円だけど、一円単位は切り捨てなので5,110円也。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。