みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。訪問するのは平日の15時過ぎ。14時の開店ではなく、二巡目を狙っての訪問である。

本日の席は鍋前の一番外側の席。いつもの通り小瓶(400円)からスタート。

IMG_2686
【シンキ:200円】
さて、今日は何から食べようかな。隣の人が「シンキはありますか?」と店員さんに確認したところ、何とまだ残っているとのこと。これはラッキー!ということで、自分も便乗して注文。

符丁は「シンキ お酢で」

シンキとはテッポウとコブクロをボイルしたもの。1人1セットしか注文出来ない。

弾力のあるテッポウとコブクロのシャクシャクとした歯ごたえのコントラストがたまらない。まずは幸先の良いスタート。

IMG_2693
【タン生:200円】
続いてはタン生。符丁は「タン生 赤いところ お塩で」いつもはスタンダードの醤油風味のタレとお酢で頂くことが多いけど、酒肴を変えて塩で頂く。

IMG_2694
【梅割り:200円】
ビールに続いて梅割りを注文。宝焼酎25度に梅シロップを加えたもの。ほぼ焼酎だけど呑みやすいのが特徴。

IMG_2704
【ボイル・アブラ生:200円】
今日は生が続くけど、レバのボイルとアブラ生。符丁は「ボイルとアブラ少ないところ 一本づつ お酢」。レバの絶妙なしっとり加減、アブラのサクサクとした食感がたまらない。

IMG_2708
【カシラ:200円】
そして焼きものはカシラ。夕方には確実に売り切れになっていることが多い。

符丁は「カシラ 塩で」

宇ち多゛のカシラはアブラが入っていない部位のみ。加えて、他の店に加えてサイズは大ぶり。いかにもお肉を食べているというのが良い。

IMG_2712
さらに梅割りをおかわり!

IMG_2720
【お新香:200円】
箸休めにお新香を注文。符丁は「お新香 生姜のっけて お酢」。

大根のみも良いけど、キュウリが入ったお新香も良い味わい。

IMG_2722
【ナンコツ:200円】
久しぶりに食べるのがナンコツ。符丁は「ナンコツ 塩で」。ナンコツも遅い時間に売り切れになってしまうので、久しぶりのご対面。

IMG_2727
そして最後は今日3つ目の梅割りでしめる。

久しぶりに訪れたような気がするけど、シンキからスタートして色々な部位を食べることが出来て良かった。

行列が耐えない人気店。外では待っている人がたくさんいる。そろそろ次の人に席を譲ることにしよう。

お会計は2,200円。結構食べたのでお腹いっぱいになった。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業を自粛及び営業時間を変更している店舗・施設が多数あります。記事はそれ以前に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。