みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

BlogPaint
鹿児島市内に戻ってきた後、訪問するのは「天文館 むじゃき 白熊菓琲」。どうやらフロア毎にお店が異なるようだ。

何を食べにきたかと言うと、ズバリ かき氷の「白熊」である。水曜どうでしょう?の対決列島でも出てきたお馴染みのメニュー。普段甘いものはほとんど食べないけれど、せっかく鹿児島に来たのに、これを食べないわけにはいかない。

1階のカフェへに行こうとお店に到着すると団体さんが店頭に群がっている。これは時間がかかるのかと思ったら、席が空いていないようで諦めて帰っていった。一人であることを告げると、すんなり入店することが出来た。

IMG_7540
【白熊(ベビー):520円】
メニューを眺めると同じ白熊でもバリエーションがある。スタンダードな白熊にすることにして、問題はサイズ。レギュラーもあるけど、白熊のベビーサイズを選択。

というかこれでベビーサイズなの!?十分大きいんだけど(汗)レギュラーだとどうなるのかな??

IMG_7544
寒天、バナナ、缶詰のミカン、生のぶどう、個人的には不要?なレーズン、チョコクッキー?、甘いマメ、そして缶詰のピーチとチェリーにパイナップルなどが散りばめられている。

全体に練乳のようなミルクシロップがかかっている。練乳風味はするものの、サラッとしており、あっさり食べられる。普段、甘いものはほとんど食べないけど、美味い!

それにしてもかき氷を久しぶりに食べた。子供の頃、夏になるとアホみたいに食べていたのに、いつのまにか食べなくなっていたなぁ。今や、かき氷と言えるのは「シャリキン」くらいなものだ(汗)

お店を出ると行列が出来ていた。入店時といい、どうやらタイミングが良かったようだ。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

これで最後の目的もクリア。知覧武家屋敷など見学出来なかったところも多いけど、それはまた次の旅の機会のお楽しみということにしておこう。

時間的な制約もあったけど、そもそも全てを見学しようとすると、それ自体が目的になってしまい、一体何を観たのか分からなくなることは往々にしてよくあることである。

と、自分に言い聞かせつつ、空港に向かい帰路につくのであった。

おわり

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。