みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

神保町にあるキッチン南海の最終日(6月26日、つまり昨日)に訪問しようと神保町に行ってみた。すずらん通りから白山通りまで行列は伸び、そこで終わるかと思いきや、その列は右に曲がり、靖国通りにぶつかる交差点までという見たこともないもの凄い行列(汗)

ということで、敢えなく断念。。。以前訪問した内容をアップしておこうと思います。

BlogPaint
神保町にあるキッチン南海に訪問。お昼時はいつも行列している人気店。この日も例にもれず、10人ほどが並んでいるが、通常よりも短い方かもしれない。

回転が早いので10分程並んでから入店。ちょうど同時に入った4人で、テーブル席で相席となる。ランチタイムではよくあることである。

IMG_0268
【カツカレー:750円】
今回注文したのはカツカレー。南海での一番人気メニューである。褐色のカレーが一面を覆っており、ライスの上にはカツと千切りキャベツ&カイワレがトッピングされているスタイル。

旨味が凝縮されている褐色のカレーは、具材は溶け出しており、これが薄めのカツとピッタリとマッチする。南海ならではのカレーはあまり他ではみかけない独特の味わいでクセになる。久しぶりに食べたけどやはり美味しい。

南海のライスは普通でも多めなので、いつも少なめでお願いしているけど、大盛りにしてモリモリ食べている人も多数。味だけでなく、お腹いっぱいになりたい人にはもってこいのお店である。

振り返れば、過去何度も訪問したことだろう。そして、そのほとんどがカツカレーを食べている。恐らく都内で一番食べているカレーは、南海のカツカレーであるのは間違いないだろう。帝釈天の産湯を使い、離乳食から南海のカレーで育ったと言っても過言ではない。

いや、過言だ(汗)

こうして名店がまた1つ幕を下ろし、この場所で食べられなくなくなるのはとても残念だけど、料理長を務めていた方が暖簾分けという形で神保町に新たにお店を出されるとのこと。きっとこの味を引き継いていくことを期待しつつ、楽しみに待ちたいと思う。

どうもご馳走様でした。今までありがとうございました!

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業を自粛及び営業時間を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。