みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_4485
札幌の夜はまだまだ続く。2軒目は味百仙。札幌駅からほど近くのビルの地下1階にお店がある。

早速店内に入り、1人であることを告げる。小上がり6卓、テーブル1卓、カウンター6席。カウンターは予約が入っているようなので、テーブル席で相席となる。そもそも相席は平気だし、広々したテーブルなので、全く問題なし。

IMG_4497

IMG_4494

IMG_4498
魚介をメインとしながらもバリエーション豊かなメニュー。そして日本酒が充実しており、全国津々浦々の銘柄が並ぶ。

IMG_4489
【サッポロクラシック(中瓶):600円】【お通し:500円】
1杯目はサッポロクラシックで乾杯!クラシックが普通に呑めると北海道に来たことを実感する。お通しはカボチャと黒豆。甘さを抑えて炊いてあるので食べやすい。

IMG_4506
【イクラ正油漬:650円】
数あるメニューの中から3品ほど選択して注文。1品目はイクラ正油漬け。イクラの皮の食感が硬すぎず柔らかすぎず、ちょうど良い食感。

IMG_4512
【やりいか:950円】
続いては、やりいかの刺身。細く引いてあり、食べやすく美味しい。

IMG_4513
【ワカサギ天ぷら:500円】
3品目はワカサギ天ぷら。こちらはシンプルに塩で頂く。薄い衣がワカサギを邪魔せず美味しい。旬の食材はいいね。

IMG_4521
【飛龍:500円】
せっかくなので2杯目は日本酒を頂こう。数あるお酒の中から選んだのは飛龍の純米大吟醸。こちらは宮城のお酒。

IMG_4525
【生にしん焼:950円】
そして本日のメインディッシュである「生にしん焼」。最近、都内の居酒屋でニシン焼きを食べる機会が多いけど、それらは冷凍で、生のにしんを焼いたものは、ほとんど見かけない。見かけないのは仕方がないとして、食べてみると味が全然違う。身がふっくらとして美味しい!加えて白子がトロける。鮮度が良いからこれだけ美味しいのだろう。丸々一匹のボリュームということもあるけど、これは美味い!!

IMG_4524
【福司:500円】
そんなニシンを食べていたら、さらに日本酒が呑みたくなった。続いては福司(ふくつかさ)。こちらは釧路のお酒で今回初めて呑んだ。スッキリと爽やかで呑みやすい。

こちらの名物である「じゃがいものバター煮」。是非食べたかったけど、事前に予約が必要とのこと。今回訪れるかどうか分からなかったので、予約はしなかったけど、次回訪れる機会があれば是非食べてみたい。

客層は様々で、1人呑みのサラリーマン、友人達と呑んでいる人達、家族連れの人、そして自分の席の近くには、同伴なのか?もしかして最近流行りの「パパ活」なのか?不自然な年の差カップルが二人で楽しそうに呑んでいる。

人生色々、男も色々(笑)

消費税は外税で、お会計は5,660円也。1円単位はサービスで切捨となるようだ。

IMG_4536
どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。