みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

R0002587_R
昼食後、せっかくなので近辺を散策しつつ作品を鑑賞することにしよう。

R0002603_R
土地の形状によると思うけど、この辺りの道は少し高いところ造られているようで、目線と同じくらいの高さに屋根がある。

R0002609_R
青木野枝
空の粒子/唐櫃

こちらは以前から展示されている作品。

R0002608_R
すぐ近くには唐櫃の清水(からとのしみず)がある。この湧き水は「霊泉越水」とも呼ばれ、四季を通じて水温が変わらず、水道水源や付近の田畑の為の灌漑用水としても利用されているとのこと。


R0002612_R
車で移動して豊島横尾館へ。こちらは前衛的な作品で知られる横尾忠則の作品が展示されている。極彩色の作品が並ぶ独特の世界観。トイレもアート作品になっている。

R0002622_R
さて、そろそろ帰りのフェリーもあるので、レンタカーを返却して港に向かうことにしよう。

BlogPaint
家浦港に到着。時刻表を確認すると、なんと高松行きのフェリーが欠航になっているではないか(汗)

一瞬、焦ったけど直島行きのフェリーが運行していることを思い出した。まずは直島に行こう。そこから高松行きのフェリーに乗れば良いのだ。そうそう、以前にも同じようなことがあったなぁ。

BlogPaint
少し待っていると直島行きの船がやってきた。

BlogPaint
チケットを購入していざ乗船!

R0002635_R
豊島に別れを告げて、いざ直島へ。直島の天気はどうなのかな。

R0002640_R
直島に到着すると先程まで雨が降っていたようだ。到着してからもにわか雨が降ったりしている。どうも降ったり止んだりの天気のようだ。作品を鑑賞する予定はないけど、草間彌生の赤かぼちゃを鑑賞したりする。

しばらくしてから高松行きのフェリーに乗船。ドット柄のデザインをしたフェリーは草間彌生にインスパイアされたものなのかな。

R0002642_R
ということで高松に向けて出発。フェリーなのでのんびり進む。

R0002650_R
フェリーのデッキに上がってみる。風が心地よいのと島々の眺めが素晴らしい。

つづく

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業を自粛・変更している店舗・施設が多数あります。ブログはそれ以前に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。