みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

P6240528_R
船に乗って続いては焼尻島へ到着。レンタサイクルを借りて走ることにした。電動アシスト付きの自電車は本当に楽でいい。

R0003350_R
この島の名所の1つであるオンコの荘。風雪の影響を受ける為、上には伸びず横に枝葉を伸ばすオンコ(イチイ)の木。通常は高さ15メートル程になるけど、ここではわずか1メートルちょっと。言われなければその珍しさに全く気がつかなかった(汗)

P6240469_R
天売島とは異なる風景が広がる。島の1/3は森林のようだけど牧草地のような風景が広がる。

P6240475_R
酪農も行われており、サフォーク羊の行列を見かけた。なんとも微笑ましい風景。羊にも慣れ親しんでいるけど、主にジンギスカン。

P6240486_R
続いては鷹の巣園地と呼ばれる草原。すぐ目の前には焼尻島が望める。

P6240488_R
道幅はそれほど広くはないものの、自転車で走るのはとても快適。

R0003352_R
天売島と同じく、海と空と島の緑のコントラストが美しい。

P6240512_R
天気も良く、潮風も心地よい。冬は風雪が厳しいのだろうけど、この時期は爽快感がたまらない。

P6240520_R
島をぐるっと廻ってきたので、せっかくなので焼尻郷土館も見学してみることにしよう。旧小納家の住居で1900年の建築。当時使われていた品々が展示されており、財を成していたことが想像出来る。こちらの建物は北海道指定有形文化財とのこと。

BlogPaint
少々駆け足だったけど、天売島・焼尻島の両方を廻ることが出来た。次回訪れる機会があれば宿泊してみたいと思う。

さて、帰りのフェリーがやってきた。そろそろ戻ることにしよう。

それにしても島巡りというのは本当に楽しい。

つづく