酔う(よう)さんの酔酔どうでしょう?

東京都内(主に新宿・新橋・立石・中野)の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場・激安居酒屋・BAR、そしてB級グルメと言われるお店を、私、酔う(よう)が好き勝手に呑んで食べている居酒屋ブログです。時には旅日記や日々の出来事を書いていることもありますが、気の向くままにまったりテキトーにレポートします。

カテゴリ:◆東京:た行(駅名順)

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石。おなじみの宇ち多゛(うちだ)に訪問。到着すると行列が出来ており約1時間ほど待って入店。【ビール小瓶:400円】いつものとおり、まずはキリンラガーの小瓶で乾杯!【テッポウ・アブラ生:200円】テッポウがま ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は久しぶりに丸忠に訪問。最後に訪問したのはNさんがいらっしゃった時。独立される前のことだから随分ご無沙汰していたようだ。隣は丸忠蒲鉾でおでんを販売している。二毛作という名前だったけど、Hさんが独立されるにあたって ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。この日はそれほど待つことなく、すんなり入店。表側の二の字カウンター席に座る。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、ビールの小瓶でスタート。【テッポウ・ハツ生:200円】【タン生:20 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。表側の二の字カウンター席に座る。この席が一番落ち着くのは何故だろう。【ビール小瓶:400円】ということで瓶ビールの小瓶で乾杯!銘柄は言わずと知れたキリンラガービール。【テッ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。タイミングが良かったのか思ったより待たずに入店することが出来た。【梅割り:200円】スタートはビールの小瓶と言いたいところだけど、今日は珍しく梅割りでスタート。【テッポウ・ハツ生:2 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は高田馬場にあるキチンニュー早苗に訪問。思えば久しぶりの訪問である。お店はご主人と奥様のお二人で切り盛り。厨房はご主人、フロアは奥様が担当している。【ポークソテーとかじきまぐろのフライ:790円】メニューを眺め ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立会川にある鳥勝(とりかつ)に訪問。開店時間10分前にお店に到着。既に並んでいる人もいるが、この人数なら十分一巡目では入れそう。開店時間と同時に暖簾が掲げられた。順番に店内へ進み、一番奥のカウンター席に座る。 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は月島にある魚仁に訪問。かなり久しぶりの訪問である。店頭では刺身を中心としたお惣菜を販売している。店内を闊歩しているのは女性の店員さん。外国人が多いのも特徴。【サッポロ黒ラベル(中):400円】本日の1杯目はサ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。訪問するのは平日の15:00過ぎ。平日の開店は14:00なので、1時間経過したところ。居酒屋の法則、2巡目を狙えを実践するのである。到着すると多くの人が並んでいる。それでも、次々とお ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は京急の立会川で下車。久しぶりに鳥勝に訪問することにしよう。「狭かったらテーブル席でも良いわよ」と、女将さんに声をかけていただいたけれど、カウンター席の奥から2番目の席が空いていたのでそこに座らせて頂くことにし ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。言わずとしれたもつ焼きの有名店。過去何度訪問したことだろう。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、ビールの小瓶でスタート。大瓶・小瓶ともに銘柄はキリンラガービール。【シンキ:200円 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は高田馬場にあるカレーライス専門店 ブラザーに訪問。高田馬場駅を降りて信号渡るとすぐのところにお店がある。信号待ちが無ければ徒歩1分もかからないだろう。カウンター6席程の小さなお店。入口入って右側に設置された券 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。【ビール小瓶:400円】まずはビールの小瓶で乾杯!お馴染みのキリンラガーである。【タン生:200円】本日一品目はタン生からスタート。符丁は「タンナマ 赤いところ お酢」。早 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は田端にある恋湊(こいみなと)に訪問。同じ田端にある初恋屋で働いていた方が独立したお店である。【生ビール:400円】開店と同時に店内へ。2人だったのでテーブル席を案内して頂いた。まずは生ビールで乾杯!【タコ刺し ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。到着すると15名ほどが並んでいたけど、思いのほか列は進み店内へ。今日は鍋前の角の席に着席。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、ビールの小瓶で乾杯!【シンキ:200円】シンキが残って ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は田端にある初恋屋に訪問。魚介類のメニューが充実しているお店である。【角ハイボール大:580円】【お通し 枝豆:100円?】最初のドリンクは角ハイボール(大)で乾杯!お通しは枝豆。初恋屋は魚介類のメニューが充実 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、キリンラガーの小瓶でスタート。【テッポウ、ハツ:200円】1品目はテッポウとハツ生。テッポウが残っていたので、ハツを入れて注文。符丁は「テッポウ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は田端にある「初恋屋」に訪問。【瓶ビール大瓶:600円】【お通し 枝豆:100円?】まずはサッポロ黒ラベルで乾杯!お通しはビールのお供である枝豆。初恋屋は魚介類が美味しい。刺身からスタートが暗黙のルール。という ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。言わずとしれた東京を代表するもつ焼きのお店である。【ビール小瓶:400円】いつものとおり、まずはキリンラガー(小瓶)で乾杯!【タン生:200円】今日は2回転目狙っての訪問。 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。お店に到着すると行列が出来ている。20分程待って無事入店。【ビール小瓶:400円】まずはビールの小瓶で乾杯!【シンキ:200円】なんとシンキがまだ残っているではないか。符丁は「シンキ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、ビールの小瓶で乾杯!【シンキ:200円】ラッキーなことに、なんとシンキが残っていた。シンキとはテッポウとコブクロのセット。厳密に言うと今回はコブクロの硬いところ。コブクロ自体は ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。今日は裏から入って左側の席に座る。ちょうど窓際の席と言ったら良いだろうか。【ビール小瓶:400円】久しぶりの訪問だったけど、まずはビールの小瓶で乾杯!銘柄は言わずとしれたキ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石の宇ち多゛に訪問。今日は表側からみると左手前の二の字席に着席。なんとなくこの席が一番落ち着く。【ビール小瓶:400円】いつもの通り、ビールの小瓶で乾杯!【テッポウ・ハツ生:200円】今日はテッポウがまだ残 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。開店直後を狙っての訪問である。【ビール小瓶:400円】いつものとおり、ビール小瓶で乾杯!【シンキ:200円】まずはシンキから頂こう。シンキとはテッポウ、コブクロの組み合わせ。通常のコ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は高田馬場にあるキッチンニュー早苗に訪問。いつもの通り、店頭で日替りランチをチェック。よし、今日はこれに決まり!【ポークソテー&アジフライ:790円】本日の日替りランチはポークソテー&アジフライ。加えて目玉焼き ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛に訪問。今日は裏から入ってすぐ左の席に着席。すんなり入店出来たのでひと安心。【ビール小瓶:400円】いつものとおりビールの小瓶で乾杯!【テッポウ・ハツ生:200円】比較的訪問した時間が早かっ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立川。立川駅南口からすぐ近くにあるスパイスカリーのお店「レインボウスパイス」に訪問。カウンター数席のこじんまりとした店内。先客はすべて女性のお客さんだ。【ランチタイム ダブルカリー:920円】今回選んだのはラン ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は立石にある宇ち多゛(うちだ)に訪問。訪問するのは平日の15時過ぎ。14時の開店ではなく、二巡目を狙っての訪問である。本日の席は鍋前の一番外側の席。いつもの通り小瓶(400円)からスタート。【シンキ:200円】 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は田端にあるスタンド三楽に訪問。立ち飲みのお店でカウンター席のみの店内はUの字のような形をしている。支払いはキャッシュオンデリバリー。カウンターの上にお金を置いておく。【ウーロンハイ:250円】【お通し:こんに ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は高田馬場。事前に訪問する予定のお店を探すも通り過ぎてしまう。おっと、ここだったのか!今回訪問するのは里。引き戸を開けて早速店内に入り、1人であることを告げる。「いらっしゃいませ。こちらにどうぞ」実は、とある本 ...

↑このページのトップヘ