酔う(よう)さんの酔酔どうでしょう?

東京都内(主に新宿・新橋・立石・中野)の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場・激安居酒屋・BAR、そしてB級グルメと言われるお店を、私、酔う(よう)が好き勝手に呑んで食べている居酒屋ブログです。時には旅日記や日々の出来事を書いていることもありますが、気の向くままにまったりテキトーにレポートします。

カテゴリ:◆東京:か行(駅名順)

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は牛込神楽坂駅で下車。蕎麦を食べに「たかさご」に訪問。Google MAPを見ながら歩いて来たけれど、地味な外観の為、通り過ぎてしまった(汗)店内に入るとほぼ満席。ちょうど一席空いていたので助かった。【ヱビスビール(中瓶 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は吉祥寺にある「いせや」に訪問。吉祥寺のランドマーク的なお店で吉祥寺には本店含めて3店舗ある。今回はその中で公園店に訪問。文字通り井の頭公園のすぐそばにお店がある。【ビール(大瓶)サッポロラガー 赤星:550円 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は東西線の葛西駅で下車。訪問するのは独一緒餃子(とくいっしょぎょうざ)。何年前に訪問して以来である。開店時間と同時に入店すると2階席に案内される。【瓶ビール中瓶:580円】【お通し:ザーサイ】まずはキリンクラシ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は清澄白河にある居酒屋だるまに訪問。駅からは少し歩いたところにあり、東京都現代美術館からも比較的近い。店内は小上がり席、テーブル席、コの字カウンター席がうまくレイアウトされている。入店するとちょうど満席。少し待 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は神田にある立ち飲みの大松に訪問。ちなみに神田には座って呑む大松もあるけど、そちらには訪問したことがない。【樽角ハイボール:400円】いつも混んでいる人気店。今日はスムーズにすんなり入店。角ハイボールで乾杯!さ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。天七からの2軒目は「きわ」に訪問。こちらはNちゃんの提案で訪問することにした。自分は今回初めての訪問である。【角ハイボール:420円】【お通し:しめじと水菜のお浸し】まずは角ハイボールで乾杯!ちなみに普通の角ハイと ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は北千住にある天七に訪問。天七好きのNちゃんと待ち合わせての訪問。今日も多くのお客さんで賑わっている。2人であることを告げると、入口入って右側のカウンター席を案内される。【アサヒスーパードライ大瓶:600円】恒 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は銀座にあるロックフィッシュに訪問。久しぶりの訪問である。【ハイボール:1,100円】ロックフィッシュの代名詞であるハイボールで乾杯!ウイスキー、炭酸、グラスの全てが冷やしてあり、氷は入っていないスタイル。ウイス ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は神田にある立ち飲みのお店「大松」に訪問。同じく神田には座ってイワシを頂ける大松があるけど、こちらは立ち飲みの大松である。【樽角ハイボール:400円】人気店なので満席で入れないことも多いけど、外から店内を覗くと ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は蒲田にある平壌冷麺 食道園に訪問。暖簾に元祖とあるけれど、盛岡にある元祖冷麺の食道園と関係があるのかな。2人用の席がランダムに配置された不思議なレイアウトの店内。ちょうど空いていた1卓に座る。「いらっしゃ~い ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。北千住の2軒目は藤屋。その昔、訪問したことがある。場所は徳多和良の通りを挟んで斜め向かい。移動が楽で助かる。L字型をしたカウンター席と奥には小上がり席がある。空いているカウンター席に座る。【生ビール:?円】【お通し ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は北千住。1軒目は徳多和良。最近、すっかりご無沙汰していたので久しぶりの訪問。カウンターのみの店内はすべて立ち呑みとなっている。【ハイボール(マルスウイスキー):350円】最初の1杯目はハイボールで乾杯!角では ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は銀座にあるロックフィッシュに訪問。【ハイボール:1,100円】ロックフィッシュといえばハイボール。ウイスキーは角の復刻版、炭酸はウィルキンソン。氷は入っていないけど、ウイスキー、炭酸、グラスのどれもが冷やしてあ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。本日は亀戸。亀戸ホルモンをはじめとしてホルモン青木などのお店も人気だけど、今回は亀戸餃子に訪問。こちらも人気店でいつも店内はお客さんで賑わっている。【ビール(小):350円】入口入って左側の一番奥のカウンター席に座 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は北千住にある天七に訪問。都内における関西風の串カツの草分け的存在として有名なお店である。今日は入口入ってすぐのちょうど角のスペースで立ち呑む。バットにはソース、そして山盛りのキャベツがスタンバイ。【酎ハイ:4 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は神田にある新八に訪問。久しぶりの居酒屋研究会での定期総会(4人)である。ドリンクは土曜日の特別コースである利き酒放題(1人3,000円)を頂くことにした。これで心置きなくお酒が呑めるのである。【生ビール:利き酒 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は金町にあるもつ焼きのお店「ブウちゃん」に訪問。昭和33年創業の60年を超える老舗の居酒屋さん。以前訪問した時は移転前の頃。新しい店舗へ移転しリニューアルしてからは初めての訪問である。早速店内へ入ってみる。長い ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は鐘ヶ淵にある「はりや」へ訪問。場所は知らないと通り過ぎてしまいそうな佇まい。実際は駅から近いので分かりやすいところにはある。【酎ハイ:300円】【お通し:マカロニサラダ】引き戸を開け、さらに奥の引き戸を開けた ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は鐘ヶ淵にある三河屋へ訪問。右から左へと横書の暖簾が渋い。さっそく店内に入ってみる。お客さんは皆さん地元の常連さんにようだ。【酎ハイ:300円】まずは酎ハイで乾杯。鐘ヶ淵でも焼酎ベースのハイボールを提供している ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。最近ハマりつつある鐘ヶ淵。下町の雰囲気が色濃く残る街並み。今回訪問するのは十一屋(じゅういちや)。開店は17時だけど既にお店は開いているようだ。早速店内へ入ってみる。L字型のカウンター席とテーブル席が数卓。1人であ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。はりやを出て、鐘ヶ淵駅から八広駅まで歩く。ちなみにこの間の通りは鐘ヶ淵通りと呼ばれ、道路の拡張が予定されている。拡張工事の為か道路沿いに不自然な空きスペースが連なっているのはそのためである。3軒目は愛知屋へ。真新し ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。鐘ヶ淵の2軒目は「はりや」に訪問。明るいうちに店の場所を確認したところ、なかなか見つからないので、どうしようかなと思っていたら、意外にわかりやすい場所にお店があった。というかライトが点いていたのでわかったのだ。引き ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は東武伊勢崎線の鐘ヶ淵駅で下車。実はこの駅で降りるのは初めてである。以前から訪問したいエリアではあったけど、なかなか機会が無くようやく訪れることが出来た。少なくなりつつある下町の雰囲気を色濃く残す街並みが印象的 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。江戸っ子からの2軒目は居酒屋ハッピー。名前が居酒屋っぽくないけど、この際それはどうでも良い。ハッピーと書かれた暖簾が渋い。【ウイスキーハイボール:430円】カウンター席に座り、まずはウイスキーハイボールをいただこう ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は久しぶりの亀有。亀有の関所である江戸っ子へ訪問。江戸っ子と言えば、立石にも姉妹店がある。ちなみに立石の江戸っ子から派生して出来たのが青砥の小江戸であったりする。こちらのお店は少し面白いレイアウトになっており、 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は銀座にあるロックフィッシュへ訪問。店内に入ると多くのお客さんで賑わっている。なんとかカウンター席を無事に確保。ロックフィッシュはテーブル席もあるけど、1人のお客さんは、カウンター席へ。一人でテーブル席に座って ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は北千住にある「酒屋の酒場」。酒場の酒屋と間違いそうになるけど、あくまで酒屋の酒場。場所は北千住駅から日光街道を抜けて歩いたところにお店があるので、駅からは少々離れている。「いらっしゃいませー」店員さんは日本と ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。天七からの2軒目は「ささやさや」。同じく北千住にある「ささや」の姉妹店である。「ささや」はメインの通りに面しているのでわかりやすいけど、こちらは路地を入ったところにあるので少々わかりにくい。と言っても、天七の隣の道 ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は北千住にある天七。天七のスペシャリスト?であるNちゃんと待ち合わせしての訪問である。【レモンハイ:400円】2人であることを告げ店内へ。奥側のカウンタースペースを案内して頂く。まずはレモンハイで乾杯!【なんこ ...

みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。今日は小岩。駅から10分少々歩いたところに目的のお店がある。訪問するのは銚子屋。色あせた看板がいかにも渋い。朝9時から20時30分までの珍しい営業時間となっている。引き戸を開けて店内へ入る。カウンター8席、小上がり ...

↑このページのトップヘ