みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_0841
京都の夜の1軒目は清水五条駅で下車。ここから歩いたところにある櫻バー(さくらばー)に訪問。バーと言っても居酒屋さんである。

IMG_0847
【キリン一番搾り(大瓶):780円】
1人であることを告げてカウンター席に座る。人気で入れないこともあるこちらのお店。席を確保できてひと安心。まずは一番搾りで乾杯!

IMG_0862
【いわし煮:490円】
巻物のような本日のメニューには、美味しそうな肴がずらりと並んでいる。まずはいわし煮。良い感じの塩梅で煮付けてあり、良いおつまみになる。

IMG_0865
【小芋唐揚げ:600円】※写真は少なめ
小芋の唐揚げ。1人ということもあり、ご主人のご配慮で少なめにして頂いた。ちなみに小芋とは里芋である。京都ではよくみかけるメニュー。シンプルだけどしっかり美味しい。

IMG_0871
【鯖きずし:980円】※写真は少なめ
鯖きずしは鯖の〆鯖。こちらも少なめにして頂いた。これまた絶妙の締め加減で美味い。

IMG_0874
【ホワイトホースハイボール(大):750円】
ビールに続いてはホワイトホースのハイボールへシフト。この大ジョッキが嬉しいのである。都度注文しなくても良いからである。あまり見かけないけどジョッキ、とても呑みやすい。もっと普及することを切に願うのである。

IMG_0882
【穴子天ぷら:900円】※写真は少なめ
そして最後に登場したのは穴子の天ぷら。こちらも少なめで頂いた。天つゆの他に塩でも頂けるのが嬉しい。プリプリとしてこれまた美味い。

毎度思うけれど、とにかく何を食べても美味しい。巻物のようなメニューを眺めていると、どれを食べようかいつも悩むのである。人気店ということもあり入れないこともあるけど、予め予約すれば大丈夫。次回訪れるのが楽しみである。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、休業・営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。