みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_3955
本日は北海道の釧路。1軒目は既に決めており、今回初めて訪れる百萬里に訪問。派手な外観だけど、何故か店名が小さく書かれている。知らない人が見れば店名を「ホルモン焼」と勘違いする人も多いのではないかと思う。

早速店内に入ると全てカウンター席の店内。右手はコの字カウンターになっており、左は壁に向かって座るL字型のカウンター。コの字に座ろうかと思ったけど、メニューの見やすいL字カウンター側に座ることにした。

IMG_3960
【ビール中瓶:600円】
キリンかサッポロを選べるけど、今回はサッポロ黒ラベルを選択。

IMG_3963
そして焼肉のタレが登場。自家製ならでは優しい味わい。

IMG_3965
席に座ると七輪がセットされる。既に炭に火がついているのでいつでも焼ける状態になっている。

IMG_3969
【ホルモン:550円】
今回食べたかったのはホルモン。いつも食べているではないかと言われそうだけど、特筆すべきはホルモンが予めボイルされていること。焼肉屋さんでこのスタイルは珍しい。

IMG_3972
早速焼いて食べてみると思いのほか柔らかく美味しい。

お姐さんも「ある程度焼けたら大丈夫よ」とのことだったけど、確かに火は通っているので焼きすぎないのがポイントのようだ。

IMG_3976
【牛さがり:800円】
もう1品は牛さがり。横隔膜の肉のことである。見た目にも鮮度が良いのがよく分かる。

IMG_3980
食べてみるとジューシーで美味しい。やはり鮮度が良いようだ。

IMG_3982
【焼酎:400円】
続いての焼酎はウイスキーの角の瓶に入って登場。「中身はビックマンよ」とはお姐さんの弁。しかも驚くなかれ、なんと計り売り。「だいだいこのあたりまで呑むと400円」とのこと。焼酎の量り売りとは、その昔、赤坂にあったシリウス以来のような気がする。
まったり呑んでいるとおにぎり2個買って帰っていったお客さんもいた。ホルモンの美味しさもさることながら、アットホームで居心地が良い。

本日のお会計は2,350円。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。