みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_6948
赤壁酒店を出て、小倉駅方面へ向かってアーケードを歩く。2軒目に訪問するのは酒房「武蔵」。

創業は昭和28年。60年を過ぎ70年に迫ろうとする老舗のお店である。

開店時間を少し過ぎたところで訪問。巨大なL字カウンターが圧巻。とりあえずテレビとメニューが見やすい右側のカウンター席に座ることにしよう。卓上にメニューがあるけれど、壁に並んだ漆黒の短冊メニューが実に渋い。加えて値段毎にまとめて並べてあるのでとても見やすい。

フロアの店員さんは皆さん女性。飲兵衛相手にしっかりと切り盛りしている。

IMG_6949
【生ビール:300円】
まずは生ビールで乾杯!お値段300円とお安い。左隣のおじさんがビールばかり呑んでいるのはその為か(笑)

IMG_6952
【とり皮酢:300円】
最初の一品目は鳥皮酢。いわゆる鶏皮ポン酢である。

IMG_6957
【あら炊き:400円】
2品目は「あら炊き」。しっかり炊かれており、骨には身がしっかりと付いている。

IMG_6969
【酎ハイレモン:350円】
2杯目は酎ハイレモンへシフト。隣のおじさんと注文のタイミングがかぶったけれど、やはり生ビールを呑んでいる(笑)

IMG_6958
【〆さば:500円】
3品目は〆さば。きちんと〆てあるものの、柔らかい。後で考えたらごまさばがあったので、両方食べてみても良かったかもしれない。

IMG_6966
【ぶり塩焼:500円】
遅れて登場したのは、お待ちかねのぶり塩焼き。焼物はどのお店でも時間がかかるので最初に注文しておくのがベター。丸々として食べやすく美味い!またしても隣のお客さんと注文が被ってしまった(汗)一緒にタレが出てくるので時折つけて食べてみる。魚を肴に酒を呑むのはたまらない。

IMG_6972
【壱岐ゴールド:450円】
そして3杯目は壱岐ゴールド。長崎の壱岐の麦焼酎である。九州というと芋焼酎のイメージが強いけれど、麦や米の焼酎もある。長崎で呑んで以来好きな焼酎の1つ。香ばしい味わいで美味い。

老舗の雰囲気がとても良い感じだけど、お値段はお手頃価格なのが嬉しい。2階は団体さん向け、1階はカウンター席なので1人しっぽり呑めるのも嬉しい。やはり良い居酒屋だなぁと改めて実感。

本日のお会計はお会計は3,080円。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。