みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_1902
今日は珍しく吉祥寺。駅から歩いて5分少々、五日市街道沿いにある闇太郎に訪問。以前から訪れたいと思っていたけど、今回が初めての訪問。

引き戸を開けて店内へ。L字カウンターのみの店内。1人であることを告げて、おでんの鍋前に着席。創業は1972年。もうすぐ50年にせまろうとするお店は琥珀色に染まった店内がとても渋い。

作務衣を着て、額で結んだねじり鉢巻をしたご主人がお一人で切り盛りしている。

IMG_1908
【ビール大瓶:600円】
まずは瓶ビールで乾杯!瓶ビールの他に生ビールもある。

IMG_1910
【おでん:大根・こんにゃく・がんも・さつま揚げ】
目の前にはおでんが入ったケースがある。まぁ、それもあってこの席に座ったのではあるけど、まずはおでんから頂くことにしよう。選んだのは大根、こんにゃく、がんも、さつま揚げ。お汁が良い出汁をしている。どれもほどよく味が染みていて美味しい。

IMG_1932
【近海まぐろ刺:600円】
黒板メニューには本日の魚介類がラインナップしている。選んだのは近海まぐろ刺し。これまた美味しい。

IMG_1923
【さば塩焼:500円】
そして最後に登場したのは、さばの塩焼き。こちらもまたちょうど良い焼き加減でビールがススム。

IMG_1941
【ハイサワー:350円】
ビールに続いてはハイサワーを頂くことにしよう。焼酎の濃さもちょうど良い。

琥珀色の店内はとても落ち着く。テレビがあるのでぼんやり眺めながら呑む。

途中お客さんが入ってきた。ご主人と談笑しているところからすると常連さんなのだろう。店内に貼られた新聞記事によると常連さん49人が中心となって文集作成したようだ。機会があれば是非読んでみたい。

本日のお会計は2,700円。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。