みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。

IMG_4064
今日は乃木坂駅から少し歩いたところにある赤坂珉珉に訪問。

入口入ると、女将さんが

「アルコール消毒して、好きなところ座って」

こちらのお店は手前側は厨房側と窓側にカウンター席が2列、そして奥はL字に曲がった座敷席となっている。とりあえず空いていた、一番手前側の窓側のカウンター席に座る。

再び女将さんがやってきて、

「注文は?」

IMG_4047
【タンメン:770円】
メニューを見る暇が無かったけれど、今回注文したのはタンメン。特に決めていたわけではないけれど、隣のお姉さんが食べていたので、なんとなく注文してみた。「麺は細いのでいい?」ということで、麺は細麺を選択。ということは太麺か普通麺があるのだろう。

IMG_4053
それにしても具だくさん。たくさんの野菜と豚肉が入っている。そんな野菜をかきかわて麺を食べてみる。確かに細麺である。そして、塩味がしっかりと効いたスープで美味い。

しばらくすると女将さんがやってきて、

「ラー油とザーサイ入れて食べてね、美味しいから」。

オススメどおり辣油とザーサイを投入してみる。こちらのザーサイはサイズが大きく食べごたえがある。確かにこの食べ方も美味しい。

IMG_4048
【餃子ハーフ:330円】
タンメンといえば餃子。普通の餃子は6個入だけど、ハーフの餃子を注文。丸々として大きめの餃子は中身はジューシー、皮はモチモチで焼面はしっかりと焼かれているのが特長。

IMG_4057
タレはお馴染み酢胡椒。この酢胡椒で食べるスタイルはこのお店が発祥といわれている。久しぶりに食べたけれどやはり美味しい餃子である。

途中、汗をかきながら食べていたら、女将さんが小さな扇風機を持ってきた。

「ちゃんと顔に風当たっているかしら?」

IMG_4062
ということでミニ扇風機を自分の方に向けて設置し戻っていった。

本日のお会計は1,100円。

最後に扇風機の件のお礼を言ってお会計。暑い夏に何故かほっこりするする不思議な気持ちでお店を後にした。

どうもご馳走様でした。またお邪魔したいと思います。

【注意事項】
現在、新型コロナウイルス感染症に伴い、営業自粛及び営業時間・内容を変更している店舗・施設が多数あります。記事は通常時に訪問した内容を記載しておりますので予めご了承下さい。